肩こりに効くストレッチ

肩こりは、肩や背中の筋肉が硬くなってしまい、血行が悪くなることが原因で起こると考えられています。
ガチガチに硬化してしまった筋肉を、柔らかくするには、ストレッチが有効です。
特に、肩甲骨周りの筋肉をゆっくりと伸ばしてあげると、血行が良くなり、症状が改善します。
ストレッチを行うのは、寝る前や入浴後などが一番良いと考えられていますが、仕事の合間など、ちょっとした空き時間を見つけて、こまめに筋肉を伸ばしてやるのもよいでしょう。
但し、あまりに力を入れすぎたり、何度もやり過ぎるのも禁物です。
逆に筋肉や関節を傷めてしまう可能性があるためです。
ストレッチをするときには、痛みを感じるまで無理をせずに、気持ちいいと感じるところでやめておくことが大切になります。
ストレッチは、息をゆっくりと吐きながら行うことで、より筋肉を弛緩させることが可能です。
細く長く息を吐きながら筋繊維を伸ばしていき、気持ちいいところで静止します。
一箇所につき、最低でも20秒から30秒は筋繊維を伸ばす必要があります。
肩こりが酷いときには、整形外科や整骨院で診てもらうことも大切です。
たかが肩こりと軽く考えていると、症状が深刻化してまうこともあるので要注意です。

肩こりを改善させるために必要な習慣

肩こりは血行が悪くなることによって肩の周囲が凝り固まってしまう現象であり、酷くなると頭痛等も引き起こすことから煩わしい症状の一つです。
現代社会においてはパソコンを利用して長時間の仕事を行うことが増えており、それによって眼精疲労だけでなく肩こりを生じてしまうという人が増えてきています。
そういう状況があるということを認識して癖にならないようにするという意識が健全な生活を送っていくためには重要です。
肩の周りの血行を良くすることによって予防ができることから、何よりの対策は適切な休憩をとるということです。
継続して作業をするのではなく、少し休憩をして肩を回す等の体操をしたり、別の作業をしたりするということが有効な手段です。
仕事の都合上、継続的にパソコンの作業をすることが避けられないという場合でも時々腕を上下左右に伸ばしたり、肩こりを起こしやすい部分を温めたりするだけでも大きな違いがあります。
同じ姿勢を続けないことが予防として重要な視点となることから、仕事に集中しすぎないということも忘れてはなりません。
症状が酷くなりがちな場合にはタイマー等で時間を自分に知らせながら肩や腕を動かすという方法もあり、そういった動きを習慣化することが良好な解消策となるのです。

Valuable information

ヘアセットとメイクの専門店だからこその『手早さ』と『モチの良さ』、『アレンジのレパートリーの豊富さ』が魅力☆

六本木 ヘアセット

コモンシェア株式会社のシェアハウスは、保証人(保証会社)不要、入居費用も格安なので女性が安心して利用できます。

女性専用シェアハウスはこちら

最終更新日:2017/6/30