top

男性の写真

男性の健康は、女性のようにライフサイクルによる影響が少ないのが特徴です。

男性に多い病気と知られる病気には、胃がん、痛風やアルコール性肝炎、肝臓がん、膀胱がん、心筋梗塞、尿路結石、肺疾患、呼吸器がんなどで生活習慣により発症が左右される病気が多いのが特徴です。

痛風や肝臓がん、アルコール性肝炎はアルコールの飲み過ぎが原因で起きる肝炎で、飲酒が発病に大きく関係しています。

また、心筋梗塞は、高脂血症、高血圧、糖尿病やなどの合併症として起こる病気で、尿路結石は、痛風を患っている場合は発症率が高く、生活習慣病の一種と言えます。

性肺疾患や呼吸器がんの発病は、喫煙習慣が原因とされ、心筋梗塞も起こします。

ちなみに、厚労省の患者調査では、男性に多い病気として、痛風は99%が男性で40代男性に多いとされ、アルコール性肝炎、慢性肝炎、原発性肝臓ガン、肝臓ガンなどの発生率は男3に対して女1の発症率です。

また、心筋梗塞は男性が女性の5~6倍であるとされ、尿路結石は、男性が2倍です。

胃ガンの男女比は2対1で、呼吸器ガンも同様に男女比は2対1です。

また、性感染症では、排尿時の痛みや違和感、性器の痛みなどが特徴なので症状が出た場合は性感染症検査キットで検査をすることをお勧めします。

エイズの発症率は男性は女性に対して特異的に感染率が高いとされます。